マルイFP労務事務所

iDeCo

iDeCoと住宅ローン控除、併用のポイント

iDeCoは国民一人ひとりが自助努力により老後資金を貯めてもらうために国が用意した私的年金であり、様々な税の優遇措置が用意されています。「自分年金作り」には最適な制度になっており、他の積立、運用よりはるかにメリットがあります。 住宅ロ...
iDeCo

iDeCo加入途中に亡くなってしまったら

多くの人にとって老後の生活が公的年金だけでは立ち行かない時代。安定した老後資産の確保のためにiDeCoは最適です。 定年後の充実したリタイア生活を夢見ながら、iDeCoの運用を楽しんでいる方もいるでしょう。ですが何が起きるかわからない...
iDeCo

知っておくべきiDeCoのデメリット

公的年金への不信感が増すなか、私的年金であるiDeCoへの注目が高まっています。 老後2,000万円必要説をときの財務大臣が否定したものの、否定を正当化するだけの根拠を示したわけでもなく、老後資金をどう用意しようか不安に思っていた沢山...
スポンサーリンク
iDeCo

40代におすすめのiDeCo活用法

40代は賃金カーブがピークを迎える一方で、出費も大きくなる年代です。住宅ローンや教育費で家計のやりくりが大変で、思うように貯金ができない家庭も多いです。 老後がひたひたと迫ってくる感じがするのも40代の特徴。年金に関心が高まり、私のと...
ニュース

2021年3月事務所通信

2021年3月の労働法関連、社会保険関連の動向をお知らせします。
iDeCo

30代におすすめのiDeCo活用法

30代といえば、独身を謳歌している方もいれば、結婚したり、子どもがいたりなどライフステージが多様化する世代です。ガムシャラに仕事をしてきた20代とは違い、毎日忙殺されながらも一息つく余裕が生まれてくるのが30代の特徴でもあります。 そ...
iDeCo

20代とiDeCoの相性は良い?悪い?

公的年金に対する不信感は若い方ほど強くなっています。給付額が年々目減りしている様子を見てしまうと、それもやむを得ないことだと思います。 だからといって保険料の支払いを拒否できません。年金保険料は税と同じく国民の義務ですし、未納者には払...
iDeCo

iDeCoとふるさと納税の併用はOK?

サラリーマンにとって数少ない節税対策である”iDeCo”と”ふるさと納税”。これらは同時に利用することはできるのでしょうか。 結論は「併用は可能、ですが注意は必要」です。 つまり節税効果はアップするものの、場合によっては双方のメ...
iDeCo

iDeCoを始める最適なタイミングとは

iDeCoとは個人型確定拠出年金の愛称で、個人の責任で運用の指図をしながら老後資産の形成を行い、公的年金の補完的役割を担う私的年金です。 ほとんどの方は公的年金だけで老後の生活を賄うことはできません。「長生きリスク」なんて嫌な言葉もあ...
iDeCo

iDeCoの元本割れをカバーする対策とは

iDeCoは運用益が非課税というメリットがある一方で、選んだ投資信託が元本割れしてしまう可能性もあります。 元本割れが怖いからと元本確保型のみの資産を選択する方法もありますが、日銀がインフレ政策を止めない限り貨幣価値は緩やかに下がり続...