PR

日本株が1株から購入可能な証券会社3選

投資でお金が育つ投資
この記事は約4分で読めます。

「株式投資を始めて資産作りをしていきたいけれど、毎月のやり繰りも大変なのに株式投資のためのまとまったお金を用意するなんて無理!」と感じている方も多いと思います。でも最近流行りの1株単位での株式投資なら数百円から株式投資を始めることができます。

ですがどの証券会社でも1株単位での株式投資が可能というわけではありません。例えば口座開設者がとても多い楽天証券では日本株の1株単位での株式投資を行なうことは残念ながらできないのです。

そこで今回は日本株を1株から購入可能な初心者におすすめの証券会社を紹介していきたいと思います。

LINE証券

LINE証券はLINEユーザーが気軽に始められる証券会社で、取引画面も非常に分かりやすく初心者でも株の売り買いをスムーズに行うことができるのが特徴です。1株から取引可能な「いちかぶ」という仕組みがあり、1,500銘柄以上の銘柄の株を取引することができます。

銘柄も大型株や中小型株、新興市場株とバリエーション豊かで、トヨタ自動車やソフトバンクといった大企業やサイバーエージェント、BASEといった今の時代の最先端を行く企業など様々な株が1株から購入可能です。

「いちかぶ」でも配当金を受け取ることが可能で、条件を満たす場合には株主優待も受け取れます。

LINE証券では定期的に新規口座開設者に向けたキャンペーンを行なわれています。例えば「簡単なクイズに答えるだけで最高3株分の購入代金がもらえる」といった内容のキャンペーンです。

こういった新規口座開設者向けキャンペーンを利用すれば、自己資金がない人でも気軽に株式投資を始めることができます。

LINE証券の口コミ・評判は>>こちら

 

SBIネオモバイル証券

ネオモバの愛称で知られているSBIネオモバイル証券も株式を1株から購入可能です。

SBIネオモバイル証券の特徴はTポイントを株式購入に用いることができるという点。日々のお買い物で貯まったTポイントを用いて1ポイント = 1円相当で株式投資をスタートできるため、リスクは低く株式投資を始めてみたいという人にも安心です。もちろんTポイントを沢山持っていないという方でも現金で取引することができます。

月額税込220円で株取引をし放題(1ヶ月の約定代金合計額が50万円以下の場合)というシステムで多くの利用者に愛されています。さらに毎月期間固定Tポイント200ポイントをもらうことができ、このポイントを投資に用いることも可能です。

SBIネオモバイル証券には新規上場株式にも1株から購入希望申し込みできる「ひとかぶIPO」という仕組みがあるので、これまで初心者にはハードルの高かったIPOの申し込みへの参加にも気軽にチャレンジできます。

また、毎月の指定した日に買付けができるよう設定できる「定期買付」の仕組みも用意されており、なんと100円から設定がOKのため、積み立て感覚で気軽に株式投資ができます。

 

マネックス証券

マネックス証券には「ワン株」という1株から株取引ができるシステムが用意されており、ワン株でほぼ全ての国内株式銘柄の購入が可能になっています。マネックス証券のワン株では買付手数料無料は無料となっており、初心者でも始めやすい仕組み。売却時には税込で約定代金の0.55%が必要です。(最低手数料52円)

毎月少しずつ同じ銘柄を買い足していくこともでき、単元株の条件(例:100株)を満たす株数が集まった場合には最終的に単元化することも可能です。そして保有株数に応じて配当金や株主優待も受け取ることができます。

マネックス証券は前述したLINE証券やSBIネオモバイル証券と比較すると本格的な取引システムになっているため初心者には少しハードルが高く感じるかもしれませんが、最初は少額から投資を始めて、いずれは本格的に株式投資で資産を形成していきたいと考えている方にはうってつけの証券会社です。

マネックス証券では1株単位の単元未満株でも貸株サービスでの貸出しが可能なので、長期的に株を保有したいと考えている人はその間株を貸し出すことで金利を受け取ることができます。またNISA口座やジュニアNISA口座でもワン株が利用できるので、利益に対しての税金が掛からないようにすることも可能です。

貸株サービスやNISA口座の開設といったマネックス証券だからこそできる本格的な取引も多いので、これから真剣に株式投資に取り組んでいきたいと思う方はぜひマネックス証券の口座も開設してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は日本株を1株単位で購入できる証券口座を3つご紹介しました。実は証券口座は複数口座開設をしても問題はありません。(利益が非課税になるNISA口座は1つの証券会社でしか口座開設できません。)

ここで取り上げた証券口座にはそれぞれの強みが異なりますし、取引画面も人によって合う合わないがあると思います。3つの証券口座全て開設してみて、最終的に自分に合う所をメインとして使っていくという方法もおすすめですよ。

「千里の道も一歩から」ということわざがあります。最初は1株単位、数百円の投資金額かもしれませんが、株式投資の仕組みに慣れながら、毎月定期的に少額でも株式投資をしていくことで、やがては大きな資産となりその資産は「ここぞ」というタイミングであなたの人生を支えてくれるはずです。

まずは口座開設という第一歩を勇気を持って踏み出してみてください。

投資
スポンサーリンク
マルイFP労務事務所